土日の銀行振込はATMなら可能か


土日の銀行振込は、たいていが閉まっているので窓口ではできませんが、インターネットバンキングまたはATMなら行う事が可能です。 ただし、ATMでは、機関によっては取り扱いが行われていない場合もありますので、確認が必要です。 また、ATMが稼働していても、キャッシュカードによるものに限定され、現金による銀行振込は取り扱われていない場合がほとんどです。

土日の銀行振込の操作と入金方法を解説

土日でも、ATMが取り扱いを行っていれば、銀行振込を行う事は可能です。 また、インターネットバンキングでは、年末年始など特に指定された日時以外は、曜や時間に関係なく操作を行う事が可能です。 ただし、いずれの場合にも、操作を行う事と、相手先に入金される事が同一であるとは限りません。 例えば、土曜のお昼にATMまたはインターネットバンキングを利用して行ったとしても、即日、相手先に入金されるとは限らないのです。 世間一般的な場合には、土日祝は翌営業の入金と大抵はなりますので、通常であれば月曜に相手先に入金されます。(月曜が祝などだった場合は、翌営業の入金です)

翌営業でなく即日振込が土日にできるネット銀行

通常は、土日祝に振込の操作を行っても、相手先に入金されるのは翌営業日の時間内となりますが、例外的に即日処理が行われる機関もあります。 人気のあるゆうちょや、ジャパンネットバンクのような便利なネット系です。 相手先が一般的な都市銀行などだった場合には、やはり頑張っても入金されるのはどう急いでも翌営業となりますが、ゆうちょ間、ネット間などだった場合には、時間も曜も関係なく、その場で処理されますので非常に便利です。

オークション利用時に土日に振込がしたい場合

通販やオークションなどの利用が多く、振込の機会が多い人は、土日などを含め、いつ行っても即処理が行われる銀行などを選ぶのが便利と言えます。 例えばamazonなどは、夜遅くに行っても、それがオンラインのゆうちょやネットバンクなどだった場合は迅速に処理が行われるため、入金確認および商品発送の時期が早まります。 一般的な銀行だった場合、翌営業まで待たなければ入金確認すらされず、商品到着が遅れるのも必至です。 急ぎで手に入れたい場合や、受け取る都合を考慮して、1日も早く処理してほしい時があるのも事実です。 そのような部分を考慮して、土日の振込の体制で選ぶというのも一つの有効な手段と方法かもしれません。 今の所では基本的には平日の間に準備しておくのが良いですが(あまり取引を繰り返すことは手数料なども含めてあまり節約には向いていない)万が一の時のために備えておくのもいいかもしれません。 一般的なポイントとしてまた近年ではトラブルや紛失や盗難なども含めて何が起こるかわからないためリスクや危険性を分散させるために複数に貯金を別けておくのも現段階で考えられる良い方法とも言えます。

このページの先頭へ